■プラチナカードの年会費の特徴とは

憧れの存在と言っても良いのが、プラチナカードです。クレジトカードの最高峰の存在でもあり、1枚くらいは持ってみたいと思うのですが、なかなか手が届きにくい、といった印象があることも確かです。

今回はプラチナカードの年会費について迫ります。高い印象があるかもしれませんが、実際にどの程度の金額に設定されているのでしょうか。20,000円から30,000円で済むのでしょうか。それとも100,000円以上かかってしまうのでしょうか。確認してみましょう。

・プラチナカードの年会費も千差万別

全てのプラチナカードが高額に設定しているわけではありません。確かに、アメリカン・エキスプレス・カードのプラチナカードのように100,000円以上してしまうものもあります。しかし、中には40,000円から50,000円程度の設定にしているようなものもあるのです。全てのプラチナカードが高い年会費を設定しているわけではありません。

ただし、一点だけ注意してほしいことがあります。

プラチナカードの年会費の金額ですが、サービス内容と比例しています。年会費が高いクレジットカードに関しては、サービス内容も素晴らしいものになっているのです。一方で、年会費が低いクレジットカードはサービス内容があまり良くないものも多いので注意してくださいね。

ただ、10万円以上すると言っても、あくまで年会費なので、月々の負担額は1万円未満です。そう考えると、プラチナカードと言えど安い感じがしちゃいますね。

■プラチナカードの入手方法の特徴とは

プラチナカードは憧れのマトですが、どうやって入手したらいいのか、ということも知っておくべきです。カードを得るのが難しい印象があるので、インビテーションがなければ難しいのではないか、と思っている方もいるでしょう。一方で、普通に誰でも申し込めるのではないか、と思っている方もいると思います。

今回はクレジットカードにおけるプラチナカードの入手方法に関する特徴をお教えします。どのようにして手に入れることができるのでしょうか。

・年会費が安いタイプのプラチナカードの入手方法

インビテーションは不要なケースが多いです。自分で申し込みができるので、審査を突破できるチャンスはそれなりにある、と考えられます。
ただし、年会費が低い傾向にあるので、サービス内容はそれほど充実していません。ゴールドカードに毛が生えたようなもの、と覚えておきましょう。
もちろん中には、ハイグレードなプラチナカードもあります。

・年会費が高いタイプのプラチナカードの入手方法

インビテーションがなければ取得はかなり難しいです。誰でも申し込みができるようにはなっていないので、まずはゴールドカードをしっかりと利用してインビテーションがもらえるようにしなければなりません。

ちなみに年会費が50,000円以上するものはインビテーション系のものが多いです。

■プラチナカードのトラベル系の特徴とは

プラチナカードは様々なタイプのクレジットカードから出ています。その様々なタイプのクレジットカードですが、トラベル系というものを知っているでしょうか。実際にプラチナカードには様々なトラベル系のサービスが用意されているんです。

今回はプラチナカードに用意されているトラベル系のサービスの特徴に迫ります。

・旅行保険の特徴について

旅行保険については、一般カードにもゴールドカードにも付帯しています。しかし、プラチナカードはさらにサービスの内容が充実しているのです。
例えば、利用付帯ではなく自動付帯になっているケースが多いです。さらに補償金額の上限が5,000万円や1億円と高額になっています。旅行先で何かあった場合にもしっかりと保証されるので安心できるわけです。

・ラウンジ系サービスの特徴について

国内の主要空港のラウンジが無料利用できるようになります。プラチナカードであればほとんどついてくるので旅行好きな方にはありがたいサービスと言えるでしょう。
また、プライオリティパスが利用できるものも多いです。世界の空港ラウンジらお得に利用できるようになるのです。

海外出張や海外旅行に行く機会が多い、という方は必見です。

■プラチナカードのコンシェルジュ系サービスの特徴とは

プラチナカードにはハイクオリティなサービスが付帯しています。そのサービスに魅力を感じて利用したい、と思っている方が非常に多くなっているわけです。
そのプラチナカードで注目していきたいのが「コンシェルジュ系のサービス」です。

今回は、プラチナカードにおけるコンシェルジュ系のサービスの特徴について明らかにします。

・そもそもコンシェルジュサービスとは?

コンシェルジュサービスとは、あなたの代わりにわからないことを調べてくれたり、予約を代行してくれたり、というサービスです。要は秘書のようなことをしてくれるわけです。いつにどこに行くので航空チケットが必要、ということもありますよね。そういった時にコンシェルジュサービスを利用することで、航空チケットの予約を入れてくれるというわけです。
もちろん航空チケットだけではなくって、ホテルの予約も入れてもらえます。

プラチナカードなので、様々な困った場合にも対応してくれるので、特に海外では頼りになりますよ。

特に会社の経営者や世界を飛び回っているビジネスマンは予約を入れるのも大変です。日々忙しくしていますからね。コンシェルジュサービスがあれば、時間を有効活用できるというわけです。

■プラチナカードのインビテーションをもらう方法

プラチナカードの取得方法として、一般的なのがインビテーション(招待)です。
プラチナカードには、インビテーションのみでしか発行できないものもあります。
ゴールドカードの利用状況が良いと、プラチナカードへのインビテーションが届きます。
これによりプラチナカードに申込みをすれば、ほぼ審査落ちせずに発行できるでしょう。

ゴールドカードをどうやって使えば、プラチナカードのインビテーションが届くの?との疑問を持つ人は多いのではないでしょうか。
プラチナカードのインビテーション発行の基準は、クレジットカード会社それぞれで決められています。
基準は内部での秘密となっており、教えてもらうことはできません。
クレジットカード会社のデスクに電話をして、無理に聞き出そうとしてもムダですのであきらめましょう。
クレジットカード会社に悪い印象を与えてしまうだけです。
しつこいと社内ブラックになってしまう可能性もありますので、注意をしましょう。

一般的にはゴールドカードの年間利用金額を上げると、プラチナカードのインビテーションが届きやすいと言われています。
最低でも年間100万円以上は利用するのがおすすめです。
高額の商品を購入する必要はありませんので、少額決済でもコツコツと使うのが良いでしょう。
年間利用金額が200万円~300万円になれば、プラチナカードのインビテーションは届きやすくなります。

そして延滞などは、絶対に起こさないようにしましょう。
1度でも支払いが遅れてしまったら、プラチナカードのインビテーションは諦めた方が良いかもしれません。
それだけ延滞はクレジットカード会社が嫌う行為ということです。

ゴールドカード所有2年でプラチナカードのインビテーションが届いたという人もいれば、5年、10年と使っても届かない…という人もいます。
年間利用金額も高く利用年数も多いのに届かない場合は、何か問題があると思って良いでしょう。
居住形態、家族構成、固定電話の有無などが、プラチナカードへの道を閉ざしている可能性があります。
この場合はいくらゴールドカードの利用金額をあげても、プラチナカードのインビテーションは来ない…となってしまいます。

プラチナカードはインビテーションではなく、申し込みにより発行できるものもあります。
この場合は無理にインビテーションを待つ必要はありません。
インビテーションがなかなか来ない…とじだんだを踏んでいるよりも、自ら申込みをしてみた方が早いかもしれません。

■プラチナカードの中でもステータスが高いのは?

プラチナカードといっても、ピンからキリまであるのが現状です。
プラチナカードはクレジットカードの中ではステータスが高いのですが、プラチナカードの中でもランクがあるようです。
ステータスを追求するなら、ランク上位のプラチナカードを発行するのがおすすめです。

・アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
プラチナカードの中でも、最高のステータスを誇るのがアメックスプラチナです。
年会費は13万円+税と高額ですが、人気のプラチナカードです。
アメックスプラチナの魅力は、何と言っても付帯サービスが豪華ということでしょう。
コンシェルジュサービス、プライオリティパスはもちろん、レストランでの優遇など非常に高い質のサービスを受けられます。

アメックスプラチナは、インビテーションのみでの発行となります。
アメックスゴールドだけでなく、アメックスグリーンでもインビテーションが届くケースも少なくはないということです。
またアメックスプラチナ会員からの招待で発行することも可能です。

・ダイナースクラブ プレミアムカード
アメックスと並ぶステータスが高いクレジットカードブランドが、ダイナースクラブです。
ダイナースクラブだけでもステータスが高いのに、プレミアムとなると最強になるでしょう。
プラチナカードならではの上質なサービスだけでなく、ポイントがたまりやすいのもメリットです。
さすが年会費13万円+税のプラチナカードだけあります。

ダイナースクラブプレミアムカードを発行するには、インビテーションが必要となります。
まずはダイナースクラブカードを発行しましょう。
早ければ入会から1年程度で、インビテーションが届くこともあるようです。

アメックスとダイナースクラブは、プラチナカードの中でも別格と言えるかもしれません。
逆にステータスが低いプラチナカードはどれなのか気になりませんか?

年会費が低いプラチナカードは、ステータスが低いとなってしまうようです。
たとえば年会費2万円+税のMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、比較的取得をしやすいプラチナカードとなるでしょう。
特別な富裕層ではなく、一般のサラリーマンでも発行できる可能性があります。
ただステータスが低いといっても、プラチナカードに違いはありません。
ゴールドカードなんかよりはステータスが高く、審査の難易度も上がります。
決してカンタンに取得できるわけではないので、気を付けましょう。

■セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはおすすめプラチナカードだ!

セゾンカードは多くの人が利用していますが、そのプラチナカードとなると利用している方の数は随分と限られてしまっているのが現状です。しかし、素晴らしい内容になっており、実際に利用したい、と思っている方は多いのです。

今回はセゾンのおすすめプラチナカードである「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」を紹介します。果たしてどのような特徴があるのでしょうか。確認してみましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはその名の通りにビジネスカードです。法人名義口座を引き落とし口座に指定できます。経営者の方や個人始業主の方が利用できるものなんです。

年会費に関しては、20,000円の設定となっています。ビジネスカードのプラチナカードとしてはかなり低い、といった印象もあるのではありませんか。さらに、年間で200万円以上利用した場合には、翌年の年会費が10,000円に値引きされるんです。使い方によっては年会費がさらにお得になります。

国内旅行保険は最高で5,000万円が自動付帯しています。海外旅行保険も自動付帯となっており、最高補償額は1億円の設定となっています。

ラウンジ利用も出来るなど、プラチナカードとしての機能も申し分ありません。