■安心の補償が付帯する

プラチナカードの特徴となるのが、手厚い補償です。
クレジットカードには旅行保険などが付帯することがありますが、クラシックカードでは付帯しないものも多いです。
プラチナカードなら、ほとんどに旅行保険が付帯している特徴があります。

・補償金額が高い
クラシックカードの旅行保険だと、最高補償金額が500万円程度しかないこともあります。
しかしプラチナカードになると最高1億円の補償となるなど、非常に補償金額が高くなる特徴があります。
また最高補償金額だけでなく、傷害補償、疾病補償も金額が高いのが特徴です。
海外旅行時に必要となるのは、死亡や後遺障害の補償より、傷害、疾病補償でしょう。
海外での治療費は、高額請求になることが多いためです。
盲腸の手術程度で200万円も請求がされてしまうそうですよ。
プラチナカードですと傷害や疾病でも、1,000万円程度の補償金額となりますので安心できるでしょう。

・自動付帯である
クレジットカードの旅行保険は、利用付帯と自動付帯があるのが特徴です。
利用付帯はクレジットカードにより、旅行代金を支払わないと補償がされません。
旅行代金の一部を支払えばOKというケースが多いですが、中には旅行代金を全額支払わなければ補償されないというクレジットカードもあります。
プラチナカードになると、ほとんどが自動付帯となります。
自動付帯だとクレジットカードでの旅行代金の支払い有無にかかわらず、補償を受けることができます。
プラチナカードを持っているだけで、補償の対象となるわけです。

クレジットカードの旅行保険は、疾病や傷害補償は合算することができる特徴があります(死亡・後遺傷害補償金は合算できません)。
自動付帯となるプラチナカードなどを複数枚持っていれば、補償金額が高くなり安心感も高くなるでしょう。

そのほかプラチナカードにはショッピングプロテクション、海外航空便遅延費用補償、リターンプロテクション、キャンセルプロテクション、オンラインプロテクションなどの保険が付帯する場合もります。
特にショッピングプロテクションは、ほとんどのプラチナカードに付帯するサービでしょう。
こちらも旅行保険のように、補償金額が高くなっているのが特徴です。
ショッピングプロテクションは高額な商品の購入時などに、あると便利な補償です。
偶然による紛失や破損の場合、購入代金を補償してもらえます。
ただ補償の対象とならない商品もありますので、確認しておきましょう。。

■ポイント優遇がある

現金よりクレジットカードを利用するのは、ポイントがたまるからという方も多いでしょう。
プラチナカードのポイントは、どのような特徴があるのでしょうか。

プラチナカードだからといって、ポイント還元率がぐっと上がるということは期待できません(海外利用でポイント倍率があがるというプラチナカードはありますが)。
しかし年間利用金額などにより翌年度のポイント還元率が上がるというようなシステムの場合、プラチナカードだとポイントのアップ率が良いという特徴があります。
プラチナカードなら、使えば使うほどポイントがたまりやすくなるというわけです。
利用金額が多いのであれば、プラチナカードの方がポイントがたまりやすくお得です。

そして利用金額により、ボーナスポイントがもらえるプラチナカードもあります。
半年に1度、利用金額の0.5%がボーナスポイントとして付与されるので、こちらも利用金額が高いほどお得になります。

またプラチナカードになると、ポイントの有効期限がなくなるという特徴もあります。
クレジットカードのポイントはクラシックカードだと2年、ゴールドカードだと3年となり、プラチナカードになると無期限…となる場合が多いのです。
有効期限があると、ポイントを失効してしまう危険性があります。
せっかくためても失効させると、意味がありませんよね。
プラチナカードならポイントをじっくり貯められることになります。

プラチナカードは、ポイントの使い道が優遇されているという特徴もあります。
クラシックカードやゴールドカードにはない、プレミアムなアイテムと交換できることもあるのです。
プラチナカードホルダーならではのレアアイテムを入手できると思えば、ポイントを貯めるのも楽しくなるのではないでしょうか。

ただたまるポイントだけで、年会費の元を取るのは難しいのがプラチナカードの特徴です。
還元率が1.0%のプラチナカードだと、500万円利用しないと5万円分のポイントは獲得できません。
還元率0.5%のプラチナカードなら、5万円分のポイントをためるのに1,000万円を利用する必要があります。
年会費以上のお得を得たいなら、プラチナカードはポイントだけでなく他のサービスも利用するようにしましょう。
プライオリティパスや海外旅行保険、コンシェルジュサービスなど、プラチナカードならではのサービスを利用する機会がないのであれば、年会費の元を取るのは難しくなるでしょう。

■使えるサービスが多い

プライオリティパス、保険付帯、コンシェルジュサービスなど、ならではのサービスがあるのがプラチナカードの特徴です。
しかしこれだけでは終わらないのが、プラチナカードのスゴイところです。

プラチナカードのサービス

・グルメ系サービス
レストランを2名以上で利用すると、1名分のコース料理が無料になるプラチナカードがあります。
コース料金は結構なお値段がしますよね。
2万円コースなら、1名分の2万円がタダになるのはお得です。
そして高級料亭を予約してくれるサービスがあります。
一言さんお断りといったような場合も、プラチナカードがあれば予約が可能となるのです。
こういったグルメ系のサービスが多いのは、プラチナカードの特徴でもあります。
自分で利用するもよし、接待で利用するのも良しですね。

・会員資格を獲得できる
プラチナカードを持っていると、上級会員の資格を自動的に得られる場合があります。
ヘビーユーザーでなければ獲得できない航空会社の上級会員資格をもらえると、マイルの獲得がしやすくなる、ファーストクラスを利用できるなどの特典があります。
またホテルの会員権を、無料で取得できるという特典があるプラチナカードも。
2万~3万円するような会員権を、プラチナカードと持つだけでもらえるのはお得でしょう。

・エンターテイメント系の特典
歌舞伎の特別公演、入手困難なコンサートのSS席確保、ディナーショーへの招待なども、プラチナカードにはあります。
プラチナカードは普通では体験できないようなことも、体験できるという特徴があるのです。

・健康系のサービス
メディカル・コンサルテーションというサービスがあるプラチナカードがあります。
これは健康について、相談ができるサービス。
どこの医療機関に行ったら良いの?これって病気なの?今の医療機関に不満がある…。
そのようなときに、専門家が相談に乗ってくれます。
必要に応じて医療機関を紹介してくれることもあります。
利用は無料なのも嬉しいですね。
人間ドックを格安で受けられるといった特徴もあります。
今は仕事をバリバリしていても、今後体調を崩してしまう可能性もあるでしょう。
そんなときにあると頼りになる、プラチナカードのサービスです。

とにかく使えそうなサービスが多いのがプラチナカードの特徴と言えるでしょう。
こういったサービスはすべてのプラチナカードに付帯しているわけではありません。
プラチナカードにより異なりますので、入会時に確認をしてください。

■券面デザイン

ゴールドカードは金色の券面をしています。
一目見ると「ゴールドカードだ」とわかるのが特徴です。
プラチナカードはプラチナの券面と言いたいですが、シルバーが近いでしょう。

プラチナカードは、見た目では判断できにくいのが特徴です。
せっかくプラチナカードを使っているのに、周囲の人がだれも気付いてくれない…ということも少なくはありません。
ステータスが高いプラチナカードを、みんなに自慢したかったのに!とがっかりする方もいるようです。
自分から「プラチナカードなんだよね~」と、言いながら使うのもアレですしね。

ゴールドカードは金色に輝いていて、見るからに高級そうな雰囲気があります。
プラチナカードにはそれがないのが、ちょっと残念な特徴でしょう。
シルバーのデザインのクレジットカードはたくさんあり、クラシックカードとプラチナカードの区別もつきにくいです。
クレジットカードに詳しい人なら「あ、プラチナカードだ」とわかりますが、普通の人だとクラシックカードだと思われてしまっても仕方がありません。
もう少し光輝くようなデザインだと、高級感があるかもしれませんね。
ゴールドカードの方が、ステータスが高く見えかっこよく見られてしまう可能性もあります。

プラチナカードだから、プラチナが使われているのでは?と思ってる方もいるようです。
しかし実際は、プラチナが使われているわけではありません。
ただSBIカードのように、実際にプラチナが使われている場合もあります。
SBIプラチナカードは、シルバーの部分が純プラチナが使われています。
ただのプラスチックカードよりも、高級感がありますね。
ちなみにSBIゴールドカードは純金、SBIレギュラーカードには本真珠が使用されているという特徴があります。
デザインだけでなく素材にもこだわっている、クレジットカードと言えるでしょう。

見た目が良いプラチナカードが良いという場合は、シルバーよりブラックを基調としたデザインを選ぶと良いでしょう。
ブラックはプラチナカードのさらに上位カードとなる、ブラックカードのように見えるためです。
それにシルバーよりも、ブラックの方が高級感を感じられるという特徴があります。
三井住友カードプラチナ、JCBザ・クラス、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード、SuMi TRUST CLUB プラチナカード、エポスプラチナカードなどが、券面がブラックのプラチナカードとなりおすすめです。

■プラチナカードがおすすめなのはこんな人

クレジットカードは、ショッピングをするために発行するかと思います。
しかしプラチナカードは、ショッピングだけに使うのはもったいないという特徴があります。
ショッピング目的だけで良いなら、プラチナカードを無理に発行する必要はないでしょう。

ショッピングをするだけなら、クラシックカードでも十分です。
プラチナカードと比べると、ポイント還元率はそれほど変わりません。
何万円もの年会費を支払うプラチナカードより、年会費無料クレジットカードの方がお得になるでしょう。

プラチナカードの価値は、付帯サービスにあります。
付帯サービスを使うことで、プラチナカードの価値が高くなるという特徴があるのです。

プラチナカードがおすすめの人

・海外に頻繁に行く
海外に行くときに、あると便利なのが空港ラウンジ無料利用サービスです。
ゴールドカードにもあるサービスですが、プラチナカードになるとプライオリティパスが付帯するという特徴があります。
プライオリティパスがあれば、国内だけでなく海外空港のラウンジも利用できるようになり便利です。

・旅行に頻繁に行く
プラチナカードには補償金額が高い旅行保険が付帯します。
国内旅行保険も海外旅行保険も自動付帯となることが多く、プラチナカードを持っていれば安心となるでしょう。
旅行に行くときは別途保険に加入することがありますが、プラチナカードの保障で十分かもしれません。

・忙しい
旅行や出張の手配は、結構手間がかかります。
空いている宿泊施設を探し、交通手段を確保し…とやっている時間がもったいない!と感じる人は多いでしょう。
そんなときに使いたいのが、プラチナカードのコンシェルジュサービスです。
コンシェルジュサービスに丸投げすれば、自分で手配をする必要はなし。
あとは出かけるだけで良くなります。
急に出かけることになった、空いている宿がない…なんてときは、自分で探すよりコンシェルジュサービスに依頼をした方が早いでしょう。

・利用金額が高い
プラチナカードは利用限度額が高い特徴があり、高額利用が可能です。
200万円~500万円程度は余裕で使えますので、高額利用もしやすいのが特徴です。

・高級レストランを使う
プラチナカードにはグルメ系の優待が多いのが特徴です。
レストランのコース料理が1名分無料になるなどのサービスがあり、高級レストランを利用する際にはプラチナカードがあるとお得です。

プラチナカードのサービスを使いこなせば、より生活が豊かになるでしょう。